ものづくり支援

ものづくり企業の業務プロセス改革支援

 製造業や建設業などのものづくり企業において、以下のような課題解決のお手伝いをさせていただきます。

 ①コスト削減(5S、ムダとり 等)

 ②納期遵守率のアップ

 ③在庫削減(材料在庫、仕掛在庫、製品在庫)

 ④商品開発リードタイムの短縮

 ⑤生産リードタイムの短縮

 ⑥品質向上

 ⑦管理間接部門の生産性向上

現状の業務プロセスを分析し、課題を抽出し、あるべき業務プロセスへの再構築を支援します。

 

 標準的な支援の流れは以下のようになります。お客様の状況に応じてアレンジさせていただきます。

回数 項目 内容
1回目 目的・課題のヒアリング

・経営ビジョン、経営戦略の確認

・解決したい課題の確認

2回目 現状分析

・解決したい課題に関連する業務プロセスの見える化

 (現状の業務フローの作成)

・現場視察

・問題となっている事象の洗い出し

3回目 問題構造分析

・問題の真の原因追究

・解決すべき根本的課題の抽出

4回目 課題解決策の立案

・根本的課題解決策の立案

・あるべき業務フローの作成

5回目 解決策の実行計画作成

・解決策の実行プロジェクト編成

・スケジュール作成

QC的問題解決支援

 ものづくり企業における不良撲滅を目的として、問題解決手法を製造現場で実践するお手伝いをさせていただきます。問題解決の手順に従い、QC7つ道具などの手法を活用しながら、実際に製造現場の皆さんと一緒に不良の削減に取り組みます。

 

 標準的な支援の流れは以下のようになります。お客様の状況に応じてアレンジさせていただきます。

回数 項目 内容
1回目 手順の概要理解

・目的の共有

・QC的問題解決手法の説明

2回目

テーマ選定

現状把握

目標設定

・テーマ候補の評価

・テーマの選定

・テーマの重要性確認

・現状の把握(現象別不良件数)

・目標設定

3回目

要因の解析

・要因の解析(なぜなぜ分析)

・特性要因図の作成

4回目

対策の立案

・主要因の検証と原因の特定

・対策の検討、評価

・実施計画の作成

5回目

効果の確認

標準化

・効果の確認

・標準化の検討(QC工程表、作業標準書の見直し)

6回目

まとめ

・標準化の確認

・活動の振り返りと今後の対応

適正在庫実現支援

 製造業は受注と生産の関係によって、①個別受注生産、②繰り返し受注生産、③受注組立生産、④見込生産の4種類の生産形態に分けることができます。いずれの生産形態も下流は受注を受けてから動きますが、上流側は見込生産で進められ、上流側の見込生産と下流側の受注生産がぶつかる点で在庫を抱えることになります。在庫が少ないと欠品が生じますし、在庫が多いと在庫維持費用がかさみ経営を圧迫するとともに、本質的な問題を見えなくしてしまいます。したがって、多くもなく少なくもない適正在庫を算出し、それを維持することが重要になります。実際に在庫を把握し、適正在庫にするための課題を一つ一つ解決しながら、その手法を一緒に学んでいきましょう。 

 

 標準的な支援の流れは以下のようになります。お客様の状況に応じてアレンジさせていただきます。

回数 項目 内容
1回目 在庫の役割と適正在庫の理解

・在庫の役割とリードタイムとの関係、在庫リスクを説明

・適正在庫の考え方について説明

・削減したい在庫と在庫の在りか(倉庫、製造ライン、店舗

 等)を確認

・次回までに品目別の在庫量、在庫日数を調査

2回目

在庫の現状分析

・在庫(製品、材料、仕掛品)の実態把握

・過剰在庫の廃棄方法を説明し、次回までに不要在庫を廃棄

・倉庫管理、現品管理・入出庫管理の現状確認、改善策検討

3回目

製品在庫の削減

・売れ筋・死に筋商品を把握

・販売計画作成の現状を確認

・販売計画の精度向上策について検討

4回目

販売と生産の連携の見直し

・販売計画と生産計画との関係(連携度合)を確認

・連携を阻害する課題を洗い出し、対策を検討

5回目

材料在庫の削減

・材料の発注方法と納品方法を確認し、課題を抽出

・課題解決策を検討し、発注方法・納品方法の見直し

6回目

まとめと今後の方針の決定

・製品在庫・材料在庫の削減状況を確認

・仕掛在庫の現状と課題を確認

・今後の取り組み方針を決定

ISO9001:2015改訂対応支援

 2015年9月23日にISO9001:2015が発行されました。移行期間は規格発行後3年間と決められていますので、認証取得組織はその間に新規格へ移行することが必要です。今回の改正では、附属書SLと呼ばれるマネジメントシステムの共通要素を取り入れ、10章構成に変更されました。またサービス業など、どの業種でも利用しやすいように汎用化が図られました。2008年版に比べての主な変更点は以下の通りです。

①マネジメントシステムの成果と適用範囲決定の明確化(4章)
②事業プロセスの運営ツールとしての位置づけの強化(5章)
③あらかじめリスクを考慮したマネジメントシステムへ(6章)
④文書・記録の概念の共通化(7章)
⑤有効性評価の明確化(9章)
 最も大きな変更点は、事業の目的を達成するための会社の仕組みとしてISOの仕組みを事業の中にしっかりと組み込み、ISOを会社経営の有効なツールと位置づけることを明確にした点にあります。この機会に真に経営に役立つ品質マネジメントシステムに移行しましょう。

 

 標準的な支援の流れは以下のようになります。お客様の状況に応じてアレンジさせていただきます。

回数 項目 内容
1回目 ギャップ分析

・ISO9001の要求事項の主な改訂ポイントを説明します。

・現行の品質マニュアルとISO9001:2015の要求事項とのギャップ分析の方法お伝えし、実施します。

2回目

品質マニュアル改訂方式の決定

・ギャップ分析を仕上げます。

・品質マニュアル改訂の方式としては、以下の3つが考えられます。

①業務プロセスに基づく章立て

②新ISO9001(付属書SL)に基づく章立て

③現行の品質マニュアルに差分を追記する

いずれの方法で品質マニュアルを作成するのか決定します。

①の場合、業務プロセスに基づく章立てを作成します。

3回目

組織の状況把握

・経営理念を確認します。

・外部環境・内部環境の課題を整理します。

・利害関係者を特定し、ニーズおよび期待を整理します。

・適用範囲の見直しを行います。

・組織の役割、責任および権限を見直します。

・トップのコミットメントを確認します。

4回目

リスクと機会の把握と目標展開および改善

・リスクと機会を整理します。

・品質方針、品質目標を見直します。

・内部監査の仕組みを見直します。

・マネジメントレビューの仕組みを見直します。

・改善の仕組みを見直します。

5回目

実務管理の見直し

・製品実現のための主要プロセスの業務フローを確認しながら以下のプロセスについて見直します。

①製品開発・製造方法の確立

②営業・受注管理

③材料調達・外注管理

④生産・出荷・運送

⑤試験業務

⑥廃棄物管理

⑦その他

6回目

間接業務の見直し

・主要プロセス(製品実現)を支える以下の支援プロセス(間接業務)について見直します。

①要員の技量の確保

②設備・機器の購買と管理

③文書管理

④法規制等の入手

7回目

教育の実施

・従業員への新品質マニュアルに基づく教育を実施します。

・内部監査員の教育を実施します。

・次回までに、新たな品質マネジメントシステムに基づいて運用を実施していただきます。

・運用中に課題が発生した場合は、支援回数を追加して対応します。

8回目

移行審査前最終チェック

審査機関に審査登録申請する前に最終チェックとして、各種ドキュメントならびにエビデンスを含めた品質マネジメントシステム全体の確認を行います。

9回目

審査指摘事項対応とまとめ

・審査機関からの指摘事項に対して、その指摘の意味や具体的な対応策が分からない場合には、対応策を導き出せるよう支援します。

・今後の進め方について協議します。

e&i経営研究所

■メールアドレス

  takano_k@m3.kcn.ne.jp 
■代表者    

  高野 淨(たかの きよし)
■事業内容 

  経営相談    

  コンサルティング
  セミナー・研修・教育
  調査・研究

お気軽にご相談ください